米新規失業保険申請は予想外の増加、事務手続き上の要因で ゴールドマンの先物手口で日経をよむ

日経先物・株式・デイトレに役立つ最新情報を掲載。またゴールドマンや先物取引上位10社の先物手口を夕場の始まる前に掲載、だから夕場の寄りに間に合い、夕場の売買や夕場での持ち高調整の材料として役立ちます。また毎週明けの先物・オプションの建玉残情報も必見!

ホーム > スポンサー広告 > 米新規失業保険申請は予想外の増加、事務手続き上の要因でホーム > ◎気になるこのニュース > 米新規失業保険申請は予想外の増加、事務手続き上の要因で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

米新規失業保険申請は予想外の増加、事務手続き上の要因で

[ワシントン 21日 ロイター] 米労働省が21日発表した1月16日終了週の新
規失業保険週間申請件数は、季節調整済みで48万2000件と、前週から3万6000
件増加した。年末に滞っていた申請分が処理されたと見られる。増加は3週連続。
 前週は44万6000件に上方修正された。
 ロイターが集計したアナリスト予想は修正前の44万4000件から44万件に減少だ
った。
 
 労働省当局者は、最新週の申請件数増加について、休暇中に処理できなかった申請分が
処理されたとし、事務手続き上の問題を反映していると指摘。「前週までの積み残し分が
若干含まれている。予想以上の申請があった。経済的要因ではなく、事務手続き上の問題
だ」と述べた。
 さらに、18日がキング牧師誕生日の祝日だったことから、一部の州のデータ提出が間
に合わず、労働省が代わりに概算処理したという経緯もあった。
 スタイフェル・ニコラスの市場ストラテジスト、ケビン・カーロン氏は「(申請件数増
加は)統計上のノイズだ。市場への影響は大きくないだろう」と述べた。
 新規失業保険申請件数の4週間移動平均は7000件増の44万8250件となり、2
0週ぶりに増加に転じた。
 9日終了週までの受給総数は1万8000人減の459万9000人となり、予想と概
ね一致。2009年1月以来の低水準となった。減少は5週連続。
 
 詳細は以下の通り。
 
(失業保険・Rは修正値)
 日付までの週  申請件数  4週間移動平均   受給総数    受給者比率(%)
 01/16/10       482,000       448,250        Unavailable   Unavailable 
 01/09/10       446,000-R     441,250-R      4,599,000           3.5 
 01/02/10       433,000       449,750        4,617,000-R         3.5 
 12/26/09       432,000       460,250        4,807,000           3.6 
 12/19/09       454,000       465,750        4,979,000           3.8 
 12/12/09       480,000       468,000        5,038,000           3.8 
 12/05/09       475,000       473,250        5,202,000           3.9 
 11/28/09       454,000       480,750        5,183,000           3.9 
 R-revised 
 
エコノミスト予想
  申請件数: 440,000 
  受給総数: 4.600 mln  
 
◎先物・オプション情報なら
・夕場寄り前に日経先物手口公開
・先物、オプション建玉残
1ランク上の情報です!
◎利用者目線のお得情報
お得な情報が満載!
◎1円オークション
テレビ・ダイヤ・ブランド・・・
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。