1/12 東証大引け、1年3カ月ぶり高値の1万800円台回復 主力株に高値更新目立つ   ゴールドマンの先物手口で日経をよむ

日経先物・株式・デイトレに役立つ最新情報を掲載。またゴールドマンや先物取引上位10社の先物手口を夕場の始まる前に掲載、だから夕場の寄りに間に合い、夕場の売買や夕場での持ち高調整の材料として役立ちます。また毎週明けの先物・オプションの建玉残情報も必見!

ホーム > スポンサー広告 > 1/12 東証大引け、1年3カ月ぶり高値の1万800円台回復 主力株に高値更新目立つ  ホーム > ★市況・概況 > 1/12 東証大引け、1年3カ月ぶり高値の1万800円台回復 主力株に高値更新目立つ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

1/12 東証大引け、1年3カ月ぶり高値の1万800円台回復 主力株に高値更新目立つ 

◇東証大引け、1年3カ月ぶり高値の1万800円台回復 主力株に高値更新目立つ 
 連休明け12日の東京株式市場は日経平均株価が続伸。大引けは8日終値に比べ80円82銭(0.75%)高の1万0879円14銭と1万0800円台を回復し、前週末に続いて昨年来高値を更新した。2008年10月3日(1万0938円)以来、約1年3カ月ぶりの高値水準。相場全体と比べて出遅れ感が意識されていた主力株に外国人投資家などからの見直し買いが入った。後場に入ると徐々に物色先のすそ野が広がる展開となり、東証1部の値上がり銘柄数は1187と全体の7割に達した。東証株価指数(TOPIX)は6日続伸。
 世界的な景気回復や企業業績の改善に期待感が根強く、事業を国際展開する銘柄への買いが目立った。主力株ではホンダやソニーなどが久々に昨年来高値を更新し、全体の投資家心理に明るさを与えた。国内勢の中には昨年12月からの相場全体の上昇ピッチの速さに短期的な過熱感を指摘する声もあるが、海外勢の買いの動きに追随を余儀なくされた面もある。
 大引け時点での東証1部の売買高は概算で25億2381万株、売買代金は1兆6925億円だった。東証1部の値上がり銘柄数1187に対し、値下がり数は397、横ばいは101だった。
 住金、新日鉄が買われ、業種別TOPIXでは「鉄鋼」が上昇率首位。ホンダのほかトヨタも買われ「輸送用機器」は2位だった。野村、コマツ、三菱商が堅調で、郵船、商船三井も上昇した。一方、ファストリの下げがきつく、前場を中心に日経平均の足を引っ張った。三井住友FGが売られ、みずほFGもさえなかった。経営再建を巡り、株価の価値がゼロとなる100%減資の可能性や上場廃止観測などが伝わったJALは売り気配を切り下げ、大引けで制限値幅の下限(ストップ安)となる30円安の37円で売買が成立した。
 東証2部株価指数は6日続伸。大幸薬品、中央電、ソディックが上昇した。半面、トーセイ、稀元素、アインファマが下落した。〔NQN〕
◎証券会社、手数料最低水準
◎常陸牛、常陸ポークが1円!?
常陸牛、常陸ポーク、極上黒毛和牛等が
1円で買えちゃうかも?
◎楽天ラッキーくじ
◎格安・割引旅行情報!
[ 2010/01/12 15:51 ] ★市況・概況 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。