米アルコアの第4四半期は赤字幅縮小、実質利益は市場予想に届かず ゴールドマンの先物手口で日経をよむ

日経先物・株式・デイトレに役立つ最新情報を掲載。またゴールドマンや先物取引上位10社の先物手口を夕場の始まる前に掲載、だから夕場の寄りに間に合い、夕場の売買や夕場での持ち高調整の材料として役立ちます。また毎週明けの先物・オプションの建玉残情報も必見!

ホーム > スポンサー広告 > 米アルコアの第4四半期は赤字幅縮小、実質利益は市場予想に届かずホーム > ★企業決算・業績速報 > 米アルコアの第4四半期は赤字幅縮小、実質利益は市場予想に届かず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

米アルコアの第4四半期は赤字幅縮小、実質利益は市場予想に届かず

[ニューヨーク 11日 ロイター] 米アルミ大手のアルコア<AA.N>が11日発表した第4・四半期決算は、純損益が2億7700万ドル(1株当たり0.28ドル)の損失となり、前年同期の11億9000万ドル(同1.49ドル)の損失から赤字幅が縮小した。
 ただ実質利益は市場予想を下回り、同社株は決算発表後の時間外取引で6%超下落した。
 ウェドブッシュ・モーガン(サンフランシスコ)のマネジングディレクター、スティーブン・マソッカ氏は「(売上高など)トップラインの数字は予想を大幅に上回ったが、(純損益など)ボトムラインの数字が予想よりも悪かった」と指摘。USグローバル・インベスターズのグローバル・リソーシズ・ファンド共同マネジャー、ブライアン・ヒックス氏は「ヘッドラインの数字はやや期待外れだが、さらに詳しく見てみると、ある程度改善もしているようだ。アルコアは(財務)目標の多くを達成する軌道に乗っているように思える」と述べた。
 
 1株当たり0.28ドルのリストラ、特別項目、税金関係の一時項目を除いた営業損益は0.01ドルの利益で、トムソン・ロイター・エスティメーツが集計したアナリストの平均予想である0.06ドルの利益を下回った。
 営業損益は2億6600万ドル(同0.27ドル)の損失。
 売上高は前年同期の56億8000万ドルから54億3000万ドルに減少したが、第3・四半期と比べると18%増加した。
 アナリストの売上高の平均予想は48億6000万ドルとなっていた。
 第4・四半期のキャッシュフローは7億6100万ドルの黒字。
 
 アルコアの決算は第2・四半期まで3四半期連続で赤字となった後、第3・四半期に小幅ながら黒字を計上していた。
 アルミ価格は2008年7月にトン当たり3380ドルのピークをつけたが、世界的なリセッション(景気後退)に伴って35%下落し、その後の回復も緩やかなものにとどまっている。
 11日のロンドン市場ではトン当たり2330ドル前後で取引されている。 
 
◎訳あり激安博多の辛子明太子1キロ
15,000円 のところを88%オフ
なんと驚愕の1780円
◎本日の先物ランキング
◎激安家電製品、通販家電最大手のECカレント
某価格比較サイトでも常に上位!
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。