12月米非農業部門雇用者数は予想外に減少、回復期待に冷や水 ゴールドマンの先物手口で日経をよむ

日経先物・株式・デイトレに役立つ最新情報を掲載。またゴールドマンや先物取引上位10社の先物手口を夕場の始まる前に掲載、だから夕場の寄りに間に合い、夕場の売買や夕場での持ち高調整の材料として役立ちます。また毎週明けの先物・オプションの建玉残情報も必見!

ホーム > スポンサー広告 > 12月米非農業部門雇用者数は予想外に減少、回復期待に冷や水ホーム > ◎気になるこのニュース > 12月米非農業部門雇用者数は予想外に減少、回復期待に冷や水

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

12月米非農業部門雇用者数は予想外に減少、回復期待に冷や水

[ワシントン 8日 ロイター] 米労働省が8日発表した12月の雇用統計によると、
非農業部門雇用者数が前月に比べて8万5000人減少した。前月比変わらずとの予想よ
り弱い結果となり、回復期待の高まりに冷水を浴びせる格好となった。
 12月の失業率は10.0%と前月と変わらず。予想は10.1%だった。
 また労働省は11月は非農業部門雇用者数が4000人増加したと発表し、前回発表の
1万1000人の減少から上方修正した。2007年12月以来初めて増加に転じた。
 ただ10月が前回発表の11万1000人減から12万7000人減に下方修正された
ことから、この2カ月を合わせると1000人減となった。
 09年全体で420万人の雇用が失われた。
 マトリックス・アセット・アドバイザーズ(ニューヨーク)のデビッド・カッツ最高投
資責任者(CIO)は「米経済は引き続き3歩進んで2歩下がる状態だ。雇用は緩やかな
回復になるという事実以上に深読みしようとは思わない。方向的には米経済は回復に向か
っている」との見方を示した。
 FXソリューションズ(ニュージャージー州)のチーフ・マーケット・アナリスト、ジ
ョセフ・トレビサーニ氏は「米経済が成長と雇用創出をもって(景気後退から)一気に脱
却しないのは明らかだが、それでも欧州や日本などの主要な競争相手と比べれば堅調にな
るとみている」と述べた。
 予想外に弱かった雇用統計の発表を受け、米株式先物が下落、米国債価格が上昇に転じ
た。また米ドルは対ユーロで下落した。
 また、短期金利先物は下げ幅を縮めた。労働市場の弱さが示されたことから、インフレ
が今後も抑制され米連邦準備理事会(FRB)が実質的なゼロ金利政策を長期間維持する
との見方が強まった。
 ソリス労働長官はブルームバーグTVに対し「一段の雇用創出に向けわれわれは今まで
以上に取り組む必要がある」と発言。「(オバマ)大統領は追加的な中小企業向け税控除
の概要を発表する。中小企業は成長の推進力だ」と述べた。
 労働省によると、就業者数と失業中の求職者数を合わせた労働人口は66万1000人
減少した。
 失業者として計上されない「職探しをあきらめた人」は92万9000人に達し、前年
の水準(64万2000人)から増加した。三菱東京UFJのエコノミスト、クリス・ラ
プキー氏は「目を見張る数字で、恐ろしい領域に差し掛かっている」と述べた。
 また「もし彼らが引き続き職を探しており、『失業者』に分類されていた場合は失業率
は10.5%に達していただろう」との見方を示した。
 職探しをあきらめた人や経済的な理由でパートタイム業務に従事している人を合わせた
最も広範なデータでは、失業は前月の17.2%から17.3%に上昇した。
 ただ、ほとんどのエコノミストは雇用統計が労働市場の健全性を量る上でより信頼でき
る指標としており、労働市場が概して改善に向かっているとの傾向は損なわれていない。
 12月は雇用が増加した部門も見られた。専門職は5万人、教育・医療サービスは3万
5000人、それぞれ増加。人材派遣は4万7000人増加した。
 製造業は2万7000人減少したものの、減少幅は前月の3万5000人から縮小。一
方、建設は5万3000人減と、前月の2万7000人から減少幅が拡大した。サービス
部門は4000人減と、前月の6万2000人増から減少に転じた。
 12月の平均週間労働時間は33.2時間と前月と変わらず。時間当たり賃金平均は
18.80ドルと、前月の18.77ドルから若干上昇した。
 
 米労働省が発表した雇用統計は以下のとおり。
 
(単位:1000人)
 
             12月   11月  11月速報  10月  10月前回  9月    8月
非農業部門雇用者増減   -85       4     -11    -127    -111    -139    -154 
失業率(%)      10.0    10.0    10.0    10.1    10.2     9.8     9.7 
 
平均週間労働時間     33.2    33.2    33.2    33.0    33.0    33.1    33.1 
製造業労働時間     40.4    40.4    40.4    40.1    40.1    40.0    39.9 
  ─残業時間       3.4     3.4     3.4     3.2     3.3     3.0     3.0 
時間当たり賃金(ドル) 18.80   18.77   18.74   18.74   18.73   18.68   18.66 
  増減率(%)     0.2     0.2     0.1     0.3     0.3     0.1     0.4 
 
業態別雇用者数増減(単位:1000人)
             12月    11月  11月速報  10月  10月前回  9月    8月
民間部門合計       -64    unch     -18    -163    -157    -100    -166 
 
 財生産        -81     -58     -69    -109    -113     -95    -130 
  建設        -53     -27     -27     -56     -56     -53     -66 
  製造        -27     -35     -41     -48     -51     -41     -55 
 サービス        -4      62      58     -18       2     -44     -24 
  商業・輸送・公益  -37     -32     -34     -59     -60     -56     -28 
   卸売       -18     -11     -12      -7      -3      -7      -6 
   小売       -10     -14     -15     -40     -44     -40     -21 
   輸送・保管     -8      -7      -5     -14     -14     -10      -2 
  情報         -6     -14     -17      -2      -1      -1      -5 
  金融取引        4      -6     -10      -6     -10     -11     -23 
   不動産・リース   -6      -2      -4      -4      -4      -2      -4 
  専門職        50      89      86      33      38      24      -6 
   人材派遣      47      55      52      44      44      17       3 
  レジャー・接客   -25     -13     -11     -42     -36      13     -14 
 
政府           -21       4       7      36      46     -39      12 
 
エコノミスト予想(ロイター調査)
非農業部門雇用者増減  変わらず
失業率         10.1 pct
時間当たり賃金増減   +0.2 pct
平均週間労働時間     33.2 hours
 
◎無料バーチャルトレード Kaeta 
実際の市場と同じ変動で動く市場連動型
板のある本格的株取引
◎投資の必須アイテム
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。