★黄金分割比率とは ゴールドマンの先物手口で日経をよむ

日経先物・株式・デイトレに役立つ最新情報を掲載。またゴールドマンや先物取引上位10社の先物手口を夕場の始まる前に掲載、だから夕場の寄りに間に合い、夕場の売買や夕場での持ち高調整の材料として役立ちます。また毎週明けの先物・オプションの建玉残情報も必見!

ホーム > カテゴリー - ★黄金分割比率とは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

黄金分割比率とは

黄金分割比率(おうごんぶんかつひりつ)

相場の戻り測定や、上値目標値を計算する場合によく用いられる。

黄金分割比率は、もともと「0.618対0.382」の関係をいい、イタリアの数学者のフィボナッチが考えだした。
トランプや名刺のタテ・ヨコの関係から、米国防省(ペンタゴン)、ピラミッド、クモの巣、宇宙の渦巻き星雲の形など、ありとあらゆる自然界に存在するものに黄金分割比が見られる。

自然界の本来あるべき美しい姿を支配している比率と考えられていることから、相場の世界でも、この考え方があてはめられている。

古来より経験則から言われている「3分の1戻し(押し)」や、「3分の2戻し(押し)」など相場に対するアプローチは、それぞれであるが、導き出される水準は似通っている。

これを単なる偶然とするよりは、相場(人間心理)の特質と考えられている



≪先物・株式の最新情報(ブログランキング)≫





スポンサーサイト
[ 2009/01/30 04:39 ] ★黄金分割比率とは | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。